内科・糖尿病内科
心療内科・脳神経内科

ホーム > 広報誌


大野内科の広報誌 《 毎月15日発行 》

Vol.240(2022年9月号)

にごり茶(第40回)稲田 昌二郎

朝晩は秋らしくなってきたのも束の間、日本の近郊には3つの台風が発生しています。せっかくの三連休は荒れた天候となりそうですね。3つの台風が合体するなんて事があったら大変ですが、そんな実話を題材にした映画がありました。オーシャンズシリーズなどで有名な、ジョージクルーニーが主演の映画『パーフェクト・ストーム(完ぺきな嵐)』です。アメリカのカジキ漁船の物語なのですが、少しあらすじをご紹介いたします。ジョージクルーニー演じる船長は、スランプで不漁が続いていました。そこで、船長は乗組員を鼓舞して、いつもより遠い漁場、フレミング・キャップへ向かいます。フレミング・キャップは好漁場ですが、天候が不安定な地域です。危険をかえりみない航海の先は、期待どおりの大漁でした。しかし製氷機が故障し、失意の中で母港への帰路に就きます。その途中、ノーイースターという嵐にハリケーンが合体し、巨大で最悪の嵐『パーフェクト・ストーム』が完成し、行く手を阻みます。とうてい太刀打ちできない自然の脅威を相手に、勇敢に挑む船長と乗組員の闘いを描いた映画です。全編を通じて音楽が素晴らしく、カジキ漁・漁師はひたすら格好良く、船長・乗組員それぞれにストーリーがあり、乗組員同士のいろいろもあり、素晴らしい映画だと思うのですが、世間的にはなぜか非常に微妙な評価なんです。僕は始まってすぐのナレーションから鳥肌が立ち、途中から涙が止まらなくなるという、【パブロフの犬】状態になるので、ストレスを発散したいときに見るようにしています。涙を流すという事は、自律神経の緊張が緩み(副交感神経優位になり)、ストレス発散・リラックス効果・自己の解放・安眠といった良い効果があるという説があります。とはいえ人前で涙を流すといろいろと大変ですので、お気に入りの映画でこっそり泣くのも良いかもしれませんね。パーフェクト・ストームのあとはきっと晴天がひろがることでしょう。ご興味のある方はDVDをお貸ししますのでお声がけ下さい!また、皆さんにとっての『パーフェクト・ストーム』をぜひ教えて下さい!

今月の一句小笠原 望

気の弱い少年だった白い眉      誰とでも握手ができる癌とでも
たそがれに溶け込む両の手を垂らす  ひらがなの多い人なら信じよう
口ずさむ演歌往診車が帰る      旅先の熱になさけの物語

休診のお知らせ

10月5日(水)、12月10日(土) 小笠原休診(稲田は通常どおり診察おこないます)
11月2日(水) 稲田休診(小笠原は通常どおり診察おこないます)

 

 

お知らせ

その1 発熱・咳・のど・鼻水、等、風邪のような症状の方は、来院前にお電話を!
 お電話で症状などをお聞きして、診察の時間・場所などを調整しております。
 当院では、新型コロナウイルスの抗原定性検査を行っております。
 (発症から9日目までです。無症状の方は対象外となっております。)

その2 インフルエンザワクチンの予約受付中!(コロナワクチンはお休み中です)
 10月からインフルエンザワクチンの接種が始まります。
 予約は、お電話か受付でお願いいたします。
診察の際に接種することも可能ですので、お気軽にスタッフにお声がけ下さい。
コロナのワクチンは、インフルエンザのワクチンが始まることもあり、間違いが無いように、当面行わない予定です。

その3 肺炎球菌ワクチンの接種と公費による風しん抗体検査及び予防接種
原則予約制です。ご希望の方は受付にお申し出いただくか、お電話を。

その4 特定健診について
これまで月・火・木・金に数件ずつお受けしておりましたが、
現在は健診日を設定して、まとめてお受けするようにしております。
日時詳細や予約ついては受付にてお問い合わせ下さい

 

 

2022年10月15日ごろ 第241号発行予定