内科・糖尿病内科
心療内科・脳神経内科

ホーム > 広報誌


大野内科の広報誌 《 毎月15日発行 》

Vol.228(2021年9月号)

にごり茶(28回)稲田 昌二郎

  腰痛が治り、趣味のランニングを再開しました。自宅から佐田の沈下橋をまわってかえるコースです。道中、長いものには注意をしています。木の枝を踏むと足をひねりますし、カンタロウにもよく出会います。一番肝を冷やすのは、ヘビです。首をもたげて待ち構えているもの、車にしゃがれたものなど、結構出会います。先日、上野神社の近くだったと思いますが、黄色い首輪のような模様の目立つ15cmくらいの小さなきれいなヘビを見かけました。蛍光イエロー、ヘビ、といれてインターネットで検索したら、ヤマカガシの子供であることがわかりました。ヤマカガシは、1970年代までは毒蛇ということがわかっていなかったそうですが、毒性はマムシの3倍、ハブの10倍だそうで、咬まれたときの致死率も高いようです。(播種性血管内凝固という状態になり、血管が詰まったり、全身のあちこちから出血したりします。)臆病なヘビとのことで、めったに咬まれることは無いようですが、うっかり踏んづけたりしないよう、気を付けないといけません。ちなみに、このことを”ほっと”に書こうと思いながら走っている途中で、銭形模様の50cmくらいのヘビに出会いました。これはヤバいヤツだと思い、1.5メートルくらい離れてみていたら、草むらのほうに帰って行き来ました。家に帰ってから、インターネットで”マムシ”と検索したところ、間違いなさそうでした。あまり頻回に遭遇するなら、ランニングのコースをしばらく変えた方がよいかもと思いました。皆さんもどうぞ気をつけて下さい。
  それにしても、インターネットで簡単に知りたいことが調べれるようになりました。子供達も、宿題でわからない漢字をインターネットで調べながらやっています。辞書を引いた方が良いと思いますが、書き順までアニメーションで出てくるので、こっちの方が便利かもとも思います。
  コロナのことでもいろいろな情報がテレビや新聞にあふれています。不安をあおったり、偏りがある情報がまるで真実のように情報量のパワーで押し寄せてきます。じっとしていて勝手に入ってくる情報だけで無く、自分で必要な情報を探して吟味する力(リテラシー)をつけたいと思う日々です。

写真だと生々しいので
娘にイラストを書いてもらいました

 

赤鉄橋にかかる虹 9月8日夕

今月の川柳小笠原 望

                       うんうんと涙の意味はそのままに                    ちさくなる母 面会はガラス越し

                       ユーモアを混ぜるこころに届くよう                    透明の悪魔とマスクして生きる

 

 

お知らせ

その1 新型コロナウイルスワクチン接種に関して
10月以降は、月曜日の16:00、16:30に6名ずつ(計12名)、予約制で行います。
以下に、問い合わせ先及び接種後の副反応などの相談窓口を記載いたします。
1,ワクチンの予約など
➀ 四万十市の方
四万十市新型コロナワクチン接種コールセンター
電話番号:0880-34-8535 受付時間:9時~17時(土・日・祝日を含む)
② 四万十市以外の方
それぞれの市町村の各役場でお問い合わせください
2、副反応など専門的な相談
 高知県新型コロナウイルスワクチン専門相談電話(高知県の相談窓口です)
電話番号:088-823-9889  受付時間:9時~21時(土・日・祝日を含む)
 FAX:088-873-9941 電話での相談が困難な方はFAXをご利用ください。
その2 今年のインフルエンザワクチン接種についてのお知らせとお願い
10月から、インフルエンザワクチン接種が始まります。原則予約制です。ご希望の方は受付にお申し出ください。電話でもかまいません。
1、接種日及び時間:
 月曜日午後: 14:00、14:30、15:00、15:30(各8名)
 火曜日、木曜日、金曜日: 15:00、16:00 (各10名)
2、接種期間:令和3年10月1日(金)~令和4年1月31日(月) 
3、接種料金:
一般の方は、2,750円です。
65歳以上の方は補助があり、1,100円です。ただし、来年からは補助がなくなり2,750円となりますので、年内の接種をおすすめします。
その3  受診前の電話継続のお願い
新型コロナウイルスの流行が続いています。発熱、咳、喉の痛みなど風邪症状のある方は、必ず来院前に電話をお願いします。
その4  肺炎球菌ワクチンの接種と公費による風しん抗体検査及び予防接種
肺炎球菌ワクチンの接種、公費による風しん抗体検査及び予防接種も行っています。原則予約制です。ご希望の方は受付にお申し出ください。電話でも構いません。
その5 小笠原新刊発売のお知らせ
小笠原がコロナ禍の中で書き下ろした新刊、「四万十の流れのように生きて死ぬ ~いのちの終わりを自然に受け入れるためのヒント~」(清流出版)が好評発売中です。

四万十の流れのように生きて死ぬ
~いのちの終わりを自然に受け入れるためのヒント~

2021年10月15日